メニュー

かぶれの原因と治療

かぶれといわれる皮膚の炎症にも原因がいろいろあります。何かに触れることで起こる接触性皮膚炎がその代表です。

接触性性皮膚炎とは

接触性皮膚炎とは名前の通り何かに接触することでかぶれる病気のことを指します。外界物質そのものの刺激、あるいは外界物質に対するアレルギー反応によりかぶれを生じます。おむつ皮膚炎やシイタケ皮膚炎などが代表的な接触性皮膚炎です。

接触性皮膚炎の原因

植物、金属、化粧品やシャンプー、衣服やネックレスなど日常生活にある様々なものが原因となります。アレルギー性接触性皮膚炎はⅣ型アレルギー反応であり、感作が成立すると原因物質が微量であってもかぶれなどを発症してしまいます。刺激性接触性皮膚炎は物質そのものの刺激性と毒性によって引き起こされ誰にでも発症する可能性があります。

接触性皮膚炎の症状

物質が接触した部位に赤みやかゆみを伴うかぶれを生じます。かぶれた部分を引っ掻くことでさらに周囲に拡大していくことがあります。水ぶくれや皮膚の潰瘍を形成することもあります。

接触性皮膚炎に似た疾患

アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、じんま疹など

接触性皮膚炎の治療

原因となる物質を特定し除去することが必要ですが、原因が特定できないことも多いです。おむつ皮膚炎なら排せつ物による汚染に注意する、湿布が原因なら湿布をやめるなどが必要です。原因の特定にはパッチテストが有用ですが、当院では行っておりません。必要であれば近隣施設をご紹介させて頂きます。

ステロイド軟膏

かぶれがある部分にステロイド外用を使用します。原則として1日2回、部位によって適宜強さ(ランク)を変更します。

抗アレルギー剤

かゆみが酷い場合などにはかゆみ止め(抗アレルギー剤)の内服を行います。症状がより重篤な場合にはステロイド内服を短期間行うこともあります。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME